介護の転職をサポート!転職エージェントのメリットとデメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護の転職をサポート!転職エージェントのメリットとデメリットとは?

転職エージェントとは、無料で登録が出来、履歴書の書き方から企業の求人紹介や給与の交渉、面談日のセッティングを行います。ハローワークに出ていない求人を扱っている場合もあるので、手広く求人を探すにはとても有効です。

転職エージェントを利用するメリット

メリットを上げますと、転職を考えているが、平日ハローワークに行く時間がなく求人を見られない、自分のキャリアがどこに活かせるか分からないので客観的に見てほしい、履歴書や職務経歴書の書き方が分からないので教えて欲しい、退職をしたいけど納得してくれるか分からない、就業開始日の交渉、ハローワークに出ていない求人の取り扱いなどです。その他にもハローワークに求人は出ているが、男性・女性のどちらの人材を欲しがっているかが分かります。

また、面接では伝えきれなかった自身の強みを伝えてくれたり、面接に失敗した場合のフォローがあります。エージェントの方も必死になって転職者を企業に売り込みますので、再就職率は高いと言えるでしょう。

そして一番の強みは相談相手が出来るという事です。企業側がどのような人材を欲しているかエージェントは把握しているので、面接の際などどのように受け答えすればよいか、作戦を練る事が出来ます。

ではなぜ無料なのか?これには理由があり、成功報酬として企業側から年収の30%が支払われるシステムとなっています。なので、休日出勤や労働環境など聞きにくい事柄はエージェントを介して疑問点を確実に減らしましょう。

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントを利用する上でどういったことに注意すべきか?デメリットとしては、電話やインターネットでのやり取りが中心になるので、再就職に時間がかかる事。エージェントが実績を伸ばしたいがために、誤った転職をしてしまう場合があります。また、学歴や職務経歴などで応募できる企業の選択肢が少なくなります。

利用するメリットの方が大きい

このようにデメリットもありますが、メリットの方がはるかに多いです。エージェントにも相性がありますので、複数の転職エージェントに登録すると良いでしょう。但し、あくまで決定権は自分にあるので、転職の際の一つのツールとして活用し、任せっぱなしではなく自分で調べられる事は積極的に行動しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*