介護職には高齢者の外出支援(移動支援)を行う仕事もある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護職には高齢者の外出支援(移動支援)を行う仕事もある

介護の仕事というと、老人ホームやデイサービスで働くか、訪問介護の仕事をイメージされる方が多いと思います。訪問介護の中で、あるいは地域支援事業の中で外出支援サービスがあることはあまり知られていないかもしれません。

外出支援や移動支援という仕事

地域によって外出支援あるいは移動支援といった呼び名の違いはありますが、要は介護の必要な方の自宅を訪問し、その後外出を支援する仕事です。

外出は病院の付きそい、あるいは余暇活動として公園を散歩することや外食を手伝うことも可能です。介護者は車椅子を押したり歩行を介助したりします。

また高齢者だけではなく、障害のある方と外出する機会もあります。知的に障害のある方で一人での外出が危険な人に付き添う場合や、障害を持っているお子さんと公園に遊びに行くことが仕事のこともあります。

外出支援はご家族のレスパイト

訪問介護というと家で家事援助や身体介護が中心ではありますが、時には外出をして高齢者または障害のある方の余暇を支援することもとてもやりがいのある仕事で、また介護をされているご家族にとってもレスパイトとして大変重要な支援になります。

やりがいで仕事を選ぶ

介護の仕事は多種多様化していて、施設や訪問のどちらかだけではなく、介護士は自分に合った仕事を選べるようになってきています。自分にあった仕事で生きがいのある仕事を選択していけると良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*