介護転職は資格と経験がポイント!若いうちの苦労は買ってでもやると吉?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護転職は資格と経験がポイント!若いうちの苦労は買ってでもやると吉?

私は介護職として働いている中で、実際に自分が転職をした場合もありましたし、周りの人が転職をして入ってくるというケースもたくさん見てきました。そういう中で介護職の転職は他の職種に比べても多いと思いますし、ローテーションが激しい職場な場合が多いです。

介護転職は資格や経験が重要

転職をする場合には、資格や経験があればある程度自分の側が職場を選ぶことも可能です。介護職の求人はたくさん出ていますし、介護職が不足している状況の中で、求人に対して応募が少ないというのも特徴です。その為に介護職で転職をしたいと思って応募をしたら、すんなり決まるという例もたくさんあります。

ただお給料など条件が良い、母体が大きくてしっかりとしているといったところは、転職を考えている人の中で取り合いになるところもあり、応募をしても競争率は低くない場合があります。

資格はできるだけ取得しておく

介護職は高齢化社会を迎える日本でなくてはならない職業ですが、残念なことに転職者が相次いでいる厳しい仕事です。介護職の需要に対する安定感は根強いので、とりあえず介護職に就ける資格は取得しておく、勉強はしておくという人がたくさんいます。

ただ、その後本当に介護職に就くのはすべての人ではありませんし、就いたとしても過酷な仕事に耐え切れず転職してしまうことがあります。

給料が安いから転職してしまう

特に老人ホームやデイサービス等は狭い施設内で入居している高齢者の世話をするのがきつく感じられてしまい、若い従業員だと転職してしまいやすいです。

また、それでも苦労に見合うだけの給料ならまだ良いのですが、むしろ安いくらいなのでそこが問題点です。それはたとえケアマネージャーになったとしても解消されない問題であり、心身ともに疲労してしまうことも少なくないです。

仕事内容がハードな職場もあるので要注意

介護職は働く場所によって仕事内容のハードさや待遇も全く違うので、そういったところを考えて慎重に転職をしないと、後から後悔する場合も多いと思いました。

私の場合数か所で介護職として働きましたが、仕事内容のきつさと待遇は比例していなくて、比較的楽なところで待遇が良いというところもあり、当たり外れがかなり大きかったです。

長く働くためのポイント

介護職で長く働き続けたいのであれば、根本的なところで介護を好きになっているかやりがいを見つけていなければなりません。

ただ単に安定職だからという理由だけではなかなか長続きさせられませんのでそこは早めに気付いておかなければいけないです。ですので、介護職は想像以上に険しい道であると覚悟し、その中でやりがいをみつけることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*